ホーム > 地域情報 > 司法機関が解決

司法機関が解決

特定調停による方法も任意整理による処理と似ていてお金の貸し手に対し返済を継続することを選ぶ借金を整理していく形です。

 

わかりやすくいうと裁判所が行う借金の整理といえるでしょう。

 

特定調停という方法も任意整理による解決とほぼ同じく自己破産とは違い一部の負債だけをまとめていくことが可能なため他に連帯保証人が関与している借金を除き検討したい際やマンションのローンを除き手続きをする際等においてでも用いることも良いですし、資産を放棄する必要がないのでマイカーや戸建て住宅などの個人資産を持っているけれど、処分してしまいたくない場合においても有用な債務整理の手続きとなっています。

 

しかしながら、手順を踏んだ後の返済額と実際に可能な収入額を検討し、ある程度返済の計画が立つようであれば特定調停による手続きを進めていくことは可能ですが、破産宣告と違って借金自体がなくなってしまうということではないため、お金の金額が大きい状況では特定調停の選択をするのは難しいといえるでしょう。

 

いっぽう、司法機関が解決に当たりますので専門家にゆだねなくてもリスクが増える心配はないということや、手続きのお金をおさえられるという点は注目できますが、貸し手の督促に対して本人が対処していく必要があることに加え、文字通り裁判所におもむくことが求められるなどといった注意点もあります。

http://imohir.meblog.biz/

任意による整理と比べてのことですが、調停にて解決できないといった場合は年利をそのまま付けた金額で返していかなければいけないということや結果としては債権を持つものに返していく合計額が任意整理より高くなってしまう場合が多いという覚えておきたい点もあります。

 


関連記事

  1. 口元の強力な産毛を処理しています

    私の口元には強力な産毛が生えています。 産毛と言えるような可愛いものではないかも...

  2. 司法機関が解決

    特定調停による方法も任意整理による処理と似ていてお金の貸し手に対し返済を継続する...